求職者に耳を傾け、彼らが最も大切にしたいことを尊重できる環境を提供する。
それがES職(採用職)の仕事です。
スタッフが輝ける職場を提供し、一人ひとりがなりたい姿になるためのサポートをしています。

相手の喜ぶ顔が見たい

私は学生時代、カフェを経営するサークルに所属して店舗運営や新商品開発に没頭していました。どんなメニューを作ったらお客様が喜んでくれるのか、どんなサービスを提供したら地域で選ばれる店になれるのかを考えている時間は、とても充実していました。

また、試行錯誤した商品でも全く売れずに悩むこともありましたが、自分が接客しながらお客様の『新メニューおいしかったよ』の一言を聞けることが何よりもやりがいになっていました。

もちろん、サークル活動以外にも、カフェで接客のアルバイトをしていました。相手のことを思って実践したことに対し、実際に喜んでもらえることがやりがいに繋がっていました。

なりたい姿になるために

そんな経験から、いつしか私は将来カフェの経営に携わりたいと思うようになっていました。しかし、就職活動中にいずれ自分が起業したいということを面接中に伝えたら採用されないのではないかという不安から、いつしか本音を隠しながら就職活動を行うようになっていました。

SGフィルダーの代表である道上社長と会った時に『自分が本当に何をしたいのか』ということに関して向き合ってくれる姿勢に対し、他社では感じたことのない真摯さを感じました。この会社で働いたら、本当になりたい自分になるために学ぶことができるのではないかと思い、入社を決めました。

社員一人ひとりの個性を尊重するSGフィルダー。社内の様々な研修でも、自分のなりたい姿について問われることがあるが、そこでは本音ベースで互いのなりたい姿について語り合います。そして、そのなりたい姿になるために、実務でどのようなことができるかに落とし込む。やりたいことがある人はどんどん発信し、挑戦できる環境だと感じています。

SGフィルダーには様々なバックグラウンドの人がいます。いずれは教師になりたくてSGフィルダーに来たという人もいます。また、私の上司は全社MVPを取っている優秀な方ですが、元々はSGフィルダーのアルバイトスタッフでした。社員登用制度を使って、社員になり活躍しています。

私はいずれ、一人ひとりが自らの仕事に誇りを持てる環境づくりをしていきたいと考えています。新入社員でもあらゆることに挑戦できるベンチャー精神にも魅力を感じ、将来の夢に向かって日々業務に全力で向き合っています。

努力した分だけ自分に返ってくる

何事も、納得いくまで全力でやり抜くこと。私の原点は学生時代の経験にあると思っています。

サークルの新メニュー開発で、お客様や仲間、自分自身が美味しいと感じるものができるまでは試作を続け、毎食が試作品になることも珍しくありませんでした。自分がお店に立つ際も『この一杯でお客様が少しでも笑顔になったら』という想いで、毎朝必ずコーヒーを淹れる練習をしたり、セミナーに通ったりして、常に自己研鑽を続けてきました。ここで身に着けた働くことへのスタンスは、今でも役立っています。

たとえば、お仕事を紹介する相手があまりにも多く、抱えきれなくなる時があります。でもせっかく足を運んでいただいたからには、相手に対して納得のいく向き合い方をしたいと思っています。その姿勢さえ忘れなければ、たとえその場ではマッチングできなくても、後日またご来社頂いて相談をしてくださったり、御礼の言葉を直接くださったりする方が増えていくのです。

全力であり続ける限り、必ず想いは届く。私は、日々それを信じ求職者に向き合い続けています。

一人ひとりが輝く場所

仕事を探す理由や目的は誰一人として同じではありません。生活のためだけでなく、中にはお子さんのバイトデビューを応援するために一緒に働けるところを探している方、久しぶりの仕事復帰で不安を抱えている方、家族にプレゼントを贈りたいという想いからWワークをする方もいらっしゃいます。

高校生からシニア層まで、当社には様々な求職者が相談に訪れます。求職者の数だけ重視したいポイントがあり、それを見極めなければなりません。

私の場合は、相手の一番大切にしたい価値観は何かということを、求職者の方に向き合って話すことで整理していきます。仮にその場ですぐにマッチする仕事がなければ、何を一番大切にしたいかだけをまとめて、周囲のメンバーにも相談します。

自分ひとりでは解決できないことでも、SS職を含めたチームのメンバーに相談すれば紹介できることがほとんどです。それは社内のみんなが、同じ熱量で求職者の要望に応えてあげたいと思っているからできることだと思っています。

人は、必ず輝ける

ES職で本配属されてから約2ヶ月後に出会った求職者の中で、私の記憶に残る女性がいます。

50代の女性で、転職活動中の方でした。SGフィルダーで最も紹介の多い倉庫内作業の経験は豊富でしたが、初めてお会いしたときは、自分にあまり自信を持てずにいる印象でした。面談では、仕事の希望条件だけでなくこれまでのご経験、ご家族とのことなどじっくりお話しさせていただき、その上でお仕事を紹介させていただきました。」

しかし、彼女の就業初日、私の元に一本の電話がありました。その電話の内容は、彼女がその職場には合わなかったというクライアントからの連絡でした。私は自分の未熟さでミスマッチを招いてしまったことを痛感しました。上司からアドバイスをもらい、何が今回の事態を招いた原因なのかを探りました。そして再度彼女にコンタクトを取ることにしました。

直接話をしてみると、彼女はお仕事先が合わなかったことでさらに自信をなくしてしまったように見えました。ですが、最初の面談時に聞いていたお話から、『この方が活躍できる環境が必ずどこかにある』という確信があったので、改めて詳しくお話を聞いて新しいお仕事先を紹介させていただきました。

そしてご紹介した次の職場で、彼女はも驚くほど高いパフォーマンスを発揮していました。そして、当初の雰囲気から一変して、見違えるように明るくなった。現在、その職場で彼女はスタッフのリーダー的存在として活躍しており、新入りのスタッフからも「丁寧に教えてくれるのでとても働きやすい」と評判になっていると聞いています。

経営を見るゼネラリストへ

私は将来の目標を達成するため、働く人の動機付けをできるスキルを身につけていくことに注力しています。3年後には現在の業務だけにとどまらず、社内のさまざまな制度構築や企画にも関わり経営全体を見るポジションを目指したいと思っています。

働くことは生活のためだけでなく、一人ひとりの人生に直結していくことでもあります。一人でも多くの人に『この仕事に就けてよかった』『SGフィルダーに会えてよかった』と感じてもらえるようなサービスを提供していきたいと思っています。

ENTRY

あなたのエントリーを
お待ちしております。

ENTRYENTRY